ゲンが通る

教えて!ここが知りたい・お助けNo.915 お役立ち情報

秋にも花粉症?ブタクサ花粉の時期は?どんな症状?対策はどうする?

   

花粉症って、スギやヒノキでしょ?しかも春に多いものだし

秋に花粉症って・・・時期が違うんじゃないの?

と思っている方・・・ (¬_¬)

実は夏から秋にも花粉症は流行するらしく、油断は禁物!!

夏から秋に流行る花粉症の原因は、キク科の「ブタクサ」。

キク科ブタクサ属の1年草で、北アメリカ原産の雑草。

高さはおよそ1m位、河川敷・田畑・道端等にいっぱい

生えています。

黄色い小花の、複数集まった房が細長く連なり

葉っぱは・・・ヨモギによく似ているのが特徴です。

スギ花粉・ヒノキ花粉に次いで、多いと言われているブタクサ花粉。

今回は、秋の花粉症の原因のブタクサについて

ブタクサ花粉の時期症状対策についてご紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

秋にも花粉症?ブタクサ花粉の時期は?

250px-Ambrosia_artemisiifolia_080908

 

秋はキク科の花粉に、厳重注意が必要です。

先にもお話したように、このブタクサは秋の花粉症では

代表的なアレルゲン

 

ブタクサ花粉の時期は、地域によってばらつきがある。

 

ブタクサの開花時期は、7月~10月頃。

飛散する花粉の時期は、下記の様に地域によってバラバラ。

  • 東北・・・8~9月
  • 九州・・・9~10月
  • 北海道・・ブタクサが無い為、ブタクサ花粉症はなし。

となっていますが、全国的に見ると、8~10月がピークとの事。

気候などに若干左右される場合もあって、12月頃まで花粉が

飛んでいることも、まれにあるのだそうです。

実際は、7月下旬頃から飛散し9月頃症状を訴える人が増えているようです。

 

秋にも花粉症?ブタクサ花粉の症状は?

2bd00cbd24977df96f9e47f3b2bbc920_s

 

ブタクサ花粉の症状

 

ブタクサの花粉症の場合も、他の花粉症と同じように

目の痒み・鼻がむずむずする・鼻水・くしゃみ

が主な症状です。

人によっては、発熱・倦怠感・肌の痒みといった症状も。

ただ、他の花粉症と大きく違う点が。

 

ブタクサ花粉症の症状
ブタクサの花粉症は、咳が続いたりのどが痛いなど のどに関する症状が多いのが特徴。喘息になりやすい。

 

どうして、のどの痛みや咳・喘息になってしまうのか?

スポンサードリンク

それは、ブタクサの花粉の粒子がスギなどの花粉の粒子と比べ

非常に小さいからなんです。

その為、器官に入りやすく喘息の原因に繋がりやすいのだそう。

 

ブタクサ花粉の時期に、咳が長引くようであれば

喘息の心配もあるので、早めに病院を受診しましょう。

 

秋にも花粉症?ブタクサ花粉の対策は?

22b5ff184987778d7783f3e2f8fe6f8d_s

 

花粉症は、ブタクサも他の花粉症も体内に入ると

体の抗体が過剰に反応を起こす、アレルギー症状なので

体には絶対取り込まない様にしましょう。

 

その為に必要な対策を、いくつかご紹介していきます o(´∀`)o

 

♥マスクの着用や花粉メガネなどを着用♥
ゴーグルタイプの花粉用グラス・隙間の無いマスクを着用

 

♥ブタクサが生息していそうな雑草地などに近づかない♥
ブタクサの場合は、スギ等に比べて飛散量がかなり少ないです。その上高さも1m位なので、近づかなければ問題なし

 

♥手洗いとうがいをする♥
基本的なことですが、薬用石鹸で指の間や、爪の中までしっかりと洗いましょう

 

♥家の中に花粉を持ち込まない事♥
家に入る際は、服などにも花粉が付着していますので、しっかりと花粉を落として家の中に入りましょう

 

♥窓を開けない♥
秋の風は良い風が入ってくるのでついつい窓を開けたくなってしまいます。しかし、そこから花粉が入ってきてしまうのでブタクサ花粉症で悩んでいる人は極力窓解放は控えた方がよさそうですね^^

 

♥洗濯物は室内干し♥
洗濯物は、外には干さず室内で干すように心がけましょう。

 

その他にも、こまめに掃除機をかけて家の中の花粉を少しでも

取り除く事。

食事のバランスも考えて、タバコやお酒も控えめにするといいそうです^^

 

まとめ

132c45d20fdfe28fb13571c944162c76_s

 

辛い毎日をお過ごしかとは思いますが、少しでもお役に立てる事は

ありましたでしょうか?

今では日本人の約6人に1人は、ブタクサ花粉を発症していると言われているそうです。

症状の特徴は、のどの痛みや咳でしたね?

症状自体風邪と間違えられやすいので、気づかない人が多いのだとか。

思い当たる症状が出ている場合は、病院で検査してもらえばすぐ分かります。

もし、ブタクサであれば体に入れない対策や工夫を早めに行うことを

心掛けて下さい。

スポンサードリンク

 - お役立ち, 年間行事