ゲンが通る

教えて!ここが知りたい・お助けNo.915 お役立ち情報

横浜開港祭2016花火を観覧できるお勧めスポットは?場所取りは?子供が楽しめるイベントは?

      2016/07/01

横浜の初夏を彩り、盛り上げる一大イベント横浜開港祭^^

今年の開催も、6月1日(水)・6月2日(木)の2日間で行われます。

横浜開港祭とは、6月2日に横浜港が開港された事を記念する祭りです。

打ち上げ花火の他に、ビームスペクタクル in ハーバーというレーザー光線による演出で

光・音・水・花火の幻想的で華麗なショーが楽しめるのが、最大の見所なんです^^

今回は、お勧めスポット・場所取り・子供が楽しめる場所などについて

詳しく調べてみましたので、早速見て行きましょう。

スポンサードリンク

1章 横浜開港祭2016花火を観覧できるお勧めスポットは?

010

毎年数十万人が集まる開港祭。

特に花火が始まる時間が近づくと、メイン会場の臨港パークは激混み^^;

穴場を探すなら、臨港パークより少し離れた場所がおススメ。

しかし花火が見られる場所って、ある程度有名なスポットになってしまってます・・・

余裕がある方は、前日からもしくは花火が上がる3時間前の

場所取りがベストなんだそうです。

ビームスペクタクル in ハーバーの穴場スポットをご紹介していきますね^^

■お勧めスポット■

少しでも混雑を避け、花火を見たいという方には下記の場所がお勧め^^

メイン会場からは比較的近い場所です。

  • カップヌードルミュージアム裏の岸壁
  • 臨港パーク南にある「ぷかりさん橋」
  • 臨港パーク北にある市場の歩道
  • 大観覧車コスモクロック21(タイミング良く乗ってください^^)

横浜開港祭の花火が見えるスポットで有名なのは、赤レンガ倉庫や横浜駅東口の海辺の公園

人気のスポットでかなり有名らしく、毎年混雑が半端ないようです^^;

山下公園・海の見える丘公園・大黒埠頭等、こちらも結構穴場で知られているスポット。

ただ、山下公園・海の見える丘公園・大黒埠頭はなんとなく見えるかな~って感じの・・・

穴場ではあるんですけど、ちょっと花火が遠いです。

花火だけでも見られれば、音楽や光とのコラボレーションを

見なくていいという方にはお勧め。

そうそう、実は橋の上から見るのもお勧め。

花火が上がる1時間前に行っても、比較的場所も空いているので

メイン会場付近で取れそうに無いって方に^^

花火は海上に浮かべた台船から打ち上げられます。

海側に向いて高い建物がない場所で、場所取りをするのがベストポジションです。

  • みなとみらい大橋・・・みなとみらいの代表する施設の横に、花火が見えます。
  • 瑞穂橋・・・みなとみらいの夜景と一緒に楽しめます。
  • 北仲橋・・・ランドマークタワーの横に上がる花火が見られます。
  • グランモール公園の陸橋・・・ビルとビルの合間に上がる花火が見られます。

2章 横浜開港祭2016花火の場所取りはどうする?

41357f47f2707ee81139ccd9b1161e99-300x225

ビームスペクタクル in ハーバーの花火を楽しむのに

一番ベストな場所は、やっぱりメイン会場である臨港パーク。

出来ればここでみる事が出来れば、最高ですよね・・・

 

どうやって場所を確保しよう?

 

臨港パークメイン会場内で花火を楽しむなら場所取りは必須。

人気の場所は、時間がある方だと前日から場所とっているいう

つわものもいます。

※前日から場所とりでシートを置いても、撤去されてしまう場合もあります。

  1. 当日の早い時間から場所取りをする
  2. 花火開始3時間ぐらい前から場所を確保

前日からが難しい方はこの方法で^^

もう一つの場所をとる方法は、お金を使って有料席を確保する事。

有料席

横浜開港祭花火大会の有料観覧席は、チケットぴあにて4月より発売されるようです。

毎年人気で完売していますので、購入希望の方は早目がいいです^^

2016年の料金

メイン会場芝生席 5000円

メイン会場ペア席 9000円 ※2名分/エアークッション付

国立大ホール前会場ペア席 6000円 ※2名分/ブルーシート

国立大ホール前会場2~5人席 15000円 ※2~5名分/ブルーシート

結構お値段はしますが、チケットさえ確保できれば安心してみる事が出来ますね。

 

大勢の人ごみの中をうろちょろ歩き回り、結果疲れるってパターンな私。

もうそれだけで、へとへとになってしまいませんか?

まあ年に一度のイベントだし、5000円で場所探しの手間隙や時間

ナイスポジションでゆっくり見れるのであれば、利用するのもありかなって

思います。

3章 横浜開港祭2016花火で子供が楽しめるイベントは?

2日間に渡って行われる横浜開港祭2016。

子供たちが楽しめるイベントもブース毎にちゃんと設けられています。

続いては、子供が楽しめるイベントをピックアップ。

スポンサードリンク

ダンゼロプレゼンツ横浜開港祭パレード

1102

http://www.kaikosai.com/attraction/parade.html

【公式ホームページ】より※引用

お気に入りのゆるきゃらを見つけてくださいね^^

  • パレード日時 6月1日(水)13:00~13:30
  • メインステージ 6月1日(水)13:40~14:25
  • 場所 臨港パーク内

スーパーキッズ体験操船会

1103
http://www.kaikosai.com/attraction/superkids.html

【公式ホームページ】より※引用

近年毎年開催している、ボート操縦体験の人気コンテンツ。

絶対忘れられない思い出になる事間違いなし^^

  • 日時 6月1日(水)①10:00~12:15 ②13:15〜17:00
  • 6月2日(木)①10:00~12:30
  • 場所 臨港パーク内 メインステージ裏の沿岸周辺
  • 料金 【完売しました】200円(チケットセンターでお買い求めください)

アクアボート・フライングショー

1101

http://www.kaikosai.com/attraction/aquaboard.html

【公式ホームページ】より※引用

アクアボードと呼ばれる、水圧で海上に浮かぶパフォーマンス。

ダイナミックですね^^

子供だけでなく、大人も興奮しちゃいそうです。

  • 日時 6月1日(水)12:30~13:00
  • 場所 臨港パーク内 メインステージ裏の沿岸周辺

わくわく特殊車輌ランド

1104

http://www.kaikosai.com/attraction/car.html

【公式ホームページ】より※引用

子供が憧れる車輌を、実際に見ることが出来ます。

働く車が勢ぞろいなので、子供たちは大喜びする事間違いなし。

  • 日時 6月1日(水)10:00~17:00
  • 6月2日(木)10:00~15:00
  • 場所 特殊車輌エリア

官公庁艇パレード

1105

http://www.kaikosai.com/attraction/parademarine.html

【公式ホームページ】より※引用

普段は見ることのできない船舶・ヘリコプターが見れる

とっても貴重な機会なので、いい思い出になりますね^^

  • 日時 6月2日(木)13:15~14:45
  • 場所 臨港パーク前海上

横浜開港祭スタンプラリー

1106

http://www.kaikosai.com/attraction/stamprally.html

【公式ホームページ】より※引用

1日2日の2ひ渡って行われるスタンプラリー。

スタンプって子供は大好きです。

子供のペースで進められたらいいですね^^

  • 日時 6月1日(水)10:00~17:00
  • 6月2日(木)10:00~17:00
  • 場所 臨港パーク 及び 周辺会場

まとめ

いかがでしたか?

2日間に渡って、30近くの体験型イベントやアトラクション

ライブイベントが行われる横浜開港祭2016。

見所のビームスペクタクル in ハーバーを是非、特等席で観覧できるといいですね^^

また付近は観光地という事で、「大観覧車」「赤レンガ広場」「日本丸」

「横浜ワールドポーターズ」など、遊び所満載です。

家族全員のいい思い出となるよう、思いっきり楽しんで下さいね^^

 

 

スポンサードリンク

 - お役立ち, レジャー